まぎれもなく浮遊

好きなものも出来ることも多くないです。別名義のnote: https://note.com/toiro_k

棺と赤目と七転八起

土曜日。快晴。昨日予告したとおりのお洗濯日和でした。おかげで全部乾いたよ。
新日本プロレスの札幌大会を生配信で観ました。昨日はイッテンヨン以来の悔しいと嬉しいのごった煮で、今日はめちゃくちゃ悔しいのに素晴らしい対戦を観れた嬉しさもあって感情が迷子です。そんでそんなテンションでバクステコメントを読んでたら泣けてきて若干めそめそしてたんですが、メインイベント後のバクステコメントでレア過ぎる絡みを見て普通に笑ってちょっと元気が出ました。マーダーマシンが舌戦で押されるところ初めて見たかもしれない。いろいろと思うところはあるけど、観れる「いま」を大事にしなければ、にとどめておきます。そして久々にリアルタイムで生配信を観て、観るとやっぱり楽しいしプロレス好きだって胸が熱くなりました。楽しみだな。でも3wayだけはやめてねほんとに。

 

今日読み終わった本。
『日本のコミュニケーションを診る』パントー・フランチェスコ
先週宇都宮で買った本です。外側からの的確な指摘に触れられるんじゃないかな、という予感は正しかった。疑いもせず当たり前に日常にあるものへの違和感を目の当たりにできる読書になってくれました(例えば著者は「合コン」という概念をイタリア人の友人に説明するのが難しい、もしかしたら白い目で見られるかもしれないと語っていたりします)。
日本人は本音と建前の矛盾を違和感なく受け容れられる、という指摘の中で「両価性」という言葉を初めて知りました。英語だとambivalenceなんだって。でも一方で他者の脆弱性は受け容れず一貫性の無さには不寛容ってなかなかエグいんじゃ……って感じたのは読みながら脳内BGMが「君は完璧で究極のアイドル」だったことから察していただきたい。現代ならではの比較文化論ということで興味深い一冊でした。

 

タキシング的な極寒

金曜日。推し様のタイトルマッチを万全の状態で応援するために早めに書いております。トーキョーはちょっと久々に肌寒い雨。部屋着にしてる推しのTシャツの下にホットコット着たのも久々です。そろそろ晴れてくれないとじめじめやで、って思ってたら明日は晴れるらしい。わーい。明後日はまた雨みたいなのでお洗濯するなら明日が勝負ですね。がんばろ。覚えとこ。
今日は久々にミスドに行きました。なんか今日は久々が盛りだくさんだ。自宅近くのミスドっていつ行っても混んでるんですけど、今日は雨だからなのかそれとも三連休の初日だからなのかやけに空いてたんですよ。マルゲリータピザみたいなやつをお昼ごはんに食べました。生地がもちもちで食べてて楽しかったので次はクワトロチーズのほうを試したいところ。コーヒーおかわりしたりとかして結構長居も出来て快適だったので、クワトロチーズチャンスがまた巡ってくるといいなと思っています。
というわけで今日の現時点でのハイライトはミスドです。美味しかったのでばんばんざいです。その後4時間ぐらいかけてやってた作業がウェブページの更新をしくじって全部消えて真面目に落ち込んだのはもうなかったことにしたいです。このあと推し様を全力応援することで鬱憤を晴らしたいところ。ちょっと早いけどおやすみなさい。

 

過剰摂取気味の高揚

木曜日、ですね。明日がお休みだから普通に金曜日って書きそうになっちゃった。毎月恒例のミーティングだったりマニュアルづくりだったりでやることは多いものの、ちゃんと定時ぴったりぐらいに退社も出来ているし心穏やかなので平和と言えば平和です。そんで今日は仕事が終わってiPhone見て推しの高橋ヒロム選手のファンクラブ??的なものが発足したことを知って秒で加入しました。うれしい。先々月ぐらいにサブスクサービスの見直しをした時に、新日本プロレススマホサイトをプレミアムから通常会員に切り替えたんですよ。そこで月額500円を払わんでよくなったわけですが、同額なのでちょうど良かったですね。推しにはひょいひょい払う甘さです。「いろんなことに挑戦しようとしているヒロムちゃんを祖父母目線で見守ってください」って書いてたので今日からわたしはおばあちゃんです。

 

 

youtu.be

サムネイルの伏せの意味!!!そんで人生の真理にも通ずるプロレス論からのサプライズのギャップに私は息も絶え絶えってやつです。深呼吸深呼吸。生放送エル・デスペラード選手、観れないと思ってたから嬉しいようありがとうありがとう。プロレスファンに限らずむしろプロレスを知らない人に届いてほしいな。素敵な人です。
そういや煽りVを観たんですが、いやナレーションお前かよ!!!!って全力で突っ込んでしまいました。わはは。明日が本当に楽しみです。

 

爆ぜて荒ぶり抜け殻

水曜日。トーキョーは小雨ぱらぱらです。どきどきしながらもこもこのコートで出社したけど今日の寒さはそんなでもなかったと思います。しかし明日とあさってがこわい。さっき明日の服選ぶのに週間予報見たんですけど、金曜日の最高気温が5度とかの表示になってて画面二度見しましたもん。明日ももちろん万全に防寒で出社するつもり。
ここで毎日書いているブログのタイトルには全部意味があるんですけど、今日のタイトルには本日発売の週刊プロレス最新号を読んだ私の暴れっぷりを思いっきり込めてみました。推しぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃうおおおぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおぉぉおぉぉぉぉぉぉpぉぉぉおぉぉぉぉぉl;のテンションで頭抱えて暴れて一周回って冷静。いや確かに仕事終わりにサイゼリヤ寄ってグラスワイン白を堪能しましたからしっかりばっちり酔ってますよ。でもこの高揚は酔ってるってだけでは片付けられないのだ。なんでこんなにかわいいんだろうな。この可愛さに抱く大志と視野の広さが共存しているの控えめに言って素晴らしいことですね。ブリリアントでエクセレントでワンダフルですね。ひとつだけ言えるのは私そろそろ寝たほうがいいってことかもしれませんね。そうします。いやまだ寝ません髪の毛ちゃんと乾かしたらもっかい週刊プロレス読みます。なのでひと足お先におやすみなさい。よい夢を!

 

咄嗟に出た付和雷同

火曜日。質実剛健の対義語は「巧言令色」だそうです。この語彙は私の中にはないものでした、という開幕早々の業務連絡。
今日はもう今月中にやるべきことの自分担当分を終わらせて報告まで終えたので、あとはもうのどかにのんびりみたいなテンションで過ごせる穏やかな時間でした。とは言ってもまだやるべきこと残ってたりはするんですけど、そっちはもう先に同僚さんが終わらせてくれないと私なんも出来ないので待ちの姿勢でいるしかないんですよ。なので無駄にもだもだしても始まらないのでのんきに待っています。今やれることをやるんだ、の気持ちで担当業務のマニュアルを整備したりとかして。こういうことって時間に追われてるとなかなか出来ないからね。今だけですよ。いやセルフで不吉な予言みたいになってる。今のナシナシ。
しかし眠くてたまらんのでおとなしくシャワー浴びて寝たい。いまおふとんに入ったら即座にスヤァできる自信あるけどシャワー浴びたら目が覚めそうですよね。しかしそのまま寝るわけにもいかんので浴びてきてそんで寝る。発想の枯渇と肉体疲労のダブルパンチで語彙も減退気味です。あと二日がんばる。そんでお休み突入したら思いっきり休む。疲労の回復に良き方法があったら教えてください。やっぱりたんぱく質摂取かな。おやすみなさい。

 

豊饒への餞にも似て

月曜日。起きた直後から身体がすごく熱を持っていて、風邪引いた類の発熱かと思って焦ったんですけど普通におふとんが暑かったのが原因でした。敷き毛布に掛け毛布におふとんに掛け毛布さらにもう一枚、っていう真冬仕様の布陣。そりゃ暑いよねってあとになって冷静に思った。そんぐらいあったかい日でした。推し様のパーカー羽織っての出社が心地良い気候ずっと続け。そして覚えた言葉をさっそく使うんですが、三寒四温とはよく言ったもので今週後半はまた気温が下がるみたい。春が近づいてる証ってのがうれしい。とはいえ寒さによわい人に元気になってほしいので、はやいとこあったかくなってほしいです。
週明けでえぐい慌ただしさではあったけど、今月中にやらないといけないことをほぼほぼやっつけたりご協力いただいて感謝しまくったりみかんもらったりほぼ定時退社できたり、あと推しのかわいい姿を見れたりもしたので私個人で言えば平和な日でした。明日もいい日でありますように、って祈りつついい日だったっていう今日をひとつずつ積み重ねていきたいものです。ねむたい。おやすみ。

 

縁深い言葉で嬉しい

日曜日。さすがに疲労が溜まっていたみたいで朝も起きるの遅かったから、本気のお昼寝をしたりだらだらっと動画を観たりすることで気力回復に努めた日でした。本読むのも文章を書くのも好きだけど、もうちょっと受動的な娯楽に浸ることで癒される場合があるのも経験的によく分かる。しっかり元気になったので今からまた頑張りますよ。
そんでもってこないだ謎の不在通知が投げ込まれていた宅急便が無事に届きました。結局書かれてなかった送り元も、そして中身も予想通りで満面の笑顔。推しがかわいいおかげで視界に入る度に優しい気持ちになります。二度あることは三度あるって言いますし、三度目も積極的に掴みにいきたいものです。
あ、そういえばこっちのブログでもnoteのほうでも、おすすめの餃子店をいくつか教えていただきました!この場を借りて大感謝!全部味わうにはやっぱり泊まりで行くべきかな。餃子のためだけに泊まるのも清々しくて楽しそうじゃんか。

 

今日読み終わった本その1。
『天使だけが聞いている12の物語』
昨日、湘南新宿ラインの電車にことこと揺られながら読んでたのを日をまたいで今日読み終えました。ニック・ホーンビィが編者のアンソロジーで、誰にも言えないけど誰かに聞いてほしい、そんなささやかな語りや秘め事や告白で構成された12篇です。
この本の感想を書く度に書いているけど、編者でもあるニック・ホーンビィの短編『乳首のイエス様』がすごく好きだし読む度にいろいろ考えてしまう。日本に置き換えたら少し前だけど「表現の不自由展」の展示について想像したり賛否を問うのが分かりやすいかな。対象がキリストなので無宗教のわたしは必ずしもすべてを理解できるわけではないし、推し文化に置き換える安直さも(対象が人間である以上は)ちょっと危険なので、内省がちょうど良いと思う。ってことを考えると私の思考はやっぱりサリンジャー作品へと戻ってきます。なんのために靴を磨くのか。今なら乗代雄介『旅する練習』でもいいね。

 

今日読み終わった本その2。
『君はそれを認めたくないんだろう』山下賢
京都の書店『ホホホ座』の店主さんのエッセイ。手に取ったきっかけは、裏表紙側の帯に引用されてた「対面で人間がとっさに吐いた生身の言葉にこそ真実があるのではないか」のくだりに胸打たれたからです。実際その通りだと思うし、発言の内容に負けず劣らず誰が言うかってのも大事なこと(誰が言うかは関係ないとしたらAIでええやんって結論になるしそれには首肯しがたい)。しかし読み通して思ったことを率直に書くのは正直憚られる。他人の選択に対して憶測を並べ立てる人の言葉を読むのは苦手です。