己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

パラノイドレイディ

自分のやるべき事を効率良く迅速丁寧正確を心がけながら淡々とこなすのがいちばん性に合ってることを経験上知ってるはずなのに、どうもなんとなくその理想の姿とは違うところに逸れていってる気がしなくもないような気がしてきてます。再度舵を取りなおすべきなのかもしれないけどでも正直それほど立派な船でもないのも確か。そんでそういうものなんだなって自己完結で閉じたらいちばん手っ取り早いのも知ってんだけど。悩ましいな。投げ出してきたはずのものが姿を変えて追っかけてきてる、という事なのか。心穏やかなことに変わりはないからこそたちが悪いやつかもしれない。濫読を心がけてはいるけどビジネス書ってたぶんあんまり読んだ事ないジャンルかもしれないから次にブックカフェ行った時に見てみようかなと思う。
タイトルは今日の帰りに買ったものの話です。思い立ったらすぐ実行しないと気が済まないのだ。