己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

好きだと知っていて

三連休最終日の月曜日です。
自分でもびっくりするぐらい体調が良い。まるまる2日間出歩かずにたっぷり眠ってじっくり休んだのと、あと山本彩さんの2ndアルバム『identity』もようやく聴けたし本も読めたしひとつ前の記事に感想を書き綴ったし、とインプットとアウトプットを気がすむまで思う存分こなせたのも大きいと思います。そんで土曜日にたくさん買い物したぶんそこそこ捨てて手放したしクリアファイル買ってずっとやりたかった雑誌記事の整理も捗ったし。身軽になったいい連休でした。おかげで気分がきれい。明日からの4日間の日常を迎え撃ってやろうじゃないか。
今夜はこのあとカフェイレがあるけど、今日を含めてあと3回カフェイレ聴いたらもう翌日は『BUTTERFLY EFFECT』のフラゲ日なんだと思うとちょっと信じがたいですね。あっという間すぎやせんかね。あっという間すぎって発言と即座に矛盾するけど待ち遠しくて堪らないです。キャパオーバーが目に見えてるから山本彩さんのアルバムと発売日離れてくれてて良かった……去年の1stアルバムとFCUW5の円盤は同じ日に発売だったもんね…。
identityは本人の曲だとJOKER、提供曲だと喝采が大好きで暇さえあれば聴いてます。基本的にアップチューンによわい。そして単体で聴くのもいいけど曲順も相当考えられてるみたいでひとつの流れとして聴くのが心地良いから、時間に余裕があれば出来れば最初っから最後まで一気に聴きたい作品。何が嬉しいかって1stアルバムより良い!って素直にひしひし感じることだよ。ツアー楽しみだよう11月19日。ふふふ。


今日読んだ本。
スコット・フィッツジェラルドグレート・ギャツビー
村上春樹氏の翻訳で再読。現代としても通用するようにめっちゃ読みやすくアップデートされててびっくりだよ。でもやっぱ個人的には古典作品(って呼んでええやろそろそろ)には時代の空気を閉じ込めた存在であってほしいから野崎孝さんの訳書が好きかなあ。ギャツビーが事あるごとに「親友」って言うわざとらしさが虚飾そのものって感じで好きな箇所のひとつなんだけど、村上さんの「オールド・スポート」だと何のこっちゃじゃないか。ああでも終盤の文章の明快さは素直に良かった……どっちとかないかやっぱり…。
語り手(ニック)以外の登場人物たちの濃さと、中庸と言わんばかりのニックのフラットさは村上さんの小説におけるキャラ造形への影響を感じもした。また何作か村上さんの小説読んだら再読したいな。どっちの訳書で読むかはその時に決める。