己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

わたしの日

f:id:k31x31:20170906233015j:image
わたしの場合はバレー観てる時が一番顕著なんですけど、スポーツ観戦の時のタキシングからのテイクオフを彷彿とさせるテンションの上がり方ってふと我に返ったりあとで振り返るととちょっと微笑ましくなります。なんとなく。部屋でテレビで観てて最初は平常心なのにいつの間にか本気のガッツポーズやら拍手やらを伴いながら観てる感じ。その方が楽しい事を無意識レベルで知ってるらしい。適当なこと言ってます。
でもそういやライブ行った時にはそういう客観視って時間経っても特に過ったりしないのが不思議っちゃ不思議ではあるかも。ずっと夢の中にいるのかもしれないですね。昨日読んだ第1感の本で言語化を試みるほど本質から遠ざかるって目にしたばっかりなのに懲りないですね。曇らせる事も傷つける事もぜんぜん本意じゃないにもかかわらず。
スッキリもヒルナンデスも録画しといたやつをまだ観れてないけどダ・ヴィンチのインタビューがとても良い内容で幸せになったので先延ばしにしました。休暇と研修が重なってインフルエンザの時期を彷彿とさせる人数だったから今日こなす仕事のハードルめっちゃ下げといた(おかげで心はそれなりに穏やか)。帰りに用事があって普段行かないところに寄ったら新しい本屋さんが出来ててそわそわした(天狼院書店の系列かな?)。昼間に見かけたネタツイートのおかげでマキシマムザホルモンの曲について本気出して考えてさっきまで恋のメガラバをのりのりで聴いてた(Perfumeにも言える事だけどたまに無性に聴きたくなる、ぐらいの距離感でずっと好きな数少ない存在)。気になっててずっと動向を追ってたローソンチケットの件が結局詳しい事を明らかにされないまま終わってしまったかのように見えるのが少しばかりもやもやしてる。それだけが残念な日、という事にさせてほしいって書いたところでバレーの勝敗を思い出してしまった。その二つだけが残念な日、という事にさせてほしい。何事もなく過ぎますように。