己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

同じものになりたい

金曜日です。
仕事が終わって職場があるビルの外に出たら目の前の道路が濡れてていつ雨降ったんだろうって驚かされたんですけど、どうも雨だけじゃなくて雹まで降ったらしいですね。都内で6月のこの時期に雹って。人生レベルで振り返ってみても雹が降るところに遭遇した事はまだ無いかもしれないけど、でもなんかここ数年は確かに不意打ちで喰らってもおかしくない頻度で降ってる報告を目にしてるような気もする。しかしほんとに当たり障りのないお天気の話題。明日は晴れるかな。


先週末にちょっこり試した肌断食を本気でやろうと思って準備がてらあれこれ買い込んで帰宅しました。スキンケアはもちろんノーメイクも必須ゆえ必然的にヒキコモリホリデイになるからそれでも困らないようにってことで。ツイッターで見かけていろいろ良き効果があるのだなって知ってからちゃんと食べてみようと思ってたメロンも買った。今ちょっと本気で色白に近付きたいがためにあれこれ試してるんです。推しの肌の白さが理想。救いようがないのはそういう自分の単純さがわりと好きなところ。
関係ないけど帰りに寄ったドラッグストアの店内に流れる有線ですごい聞き覚えのあるイントロだなって思って耳を傾けてたら阪本奨悟さんでした。メジャーデビューするってのはこういうことなのかと端的に実感した出来事です。


『最低で最高の本屋』を読了したから積んであった中から森博嗣さんの『本質を見通す100の講義』を読み始めたのですけど、まえがきだけでじゅうぶん本の代金ぶんの元は取れたのではないかなと思う勢いで感銘受けまくってます。実質無料。だから私は本を読むのだと言いたい。誰が何と言おうと見えないものは見えないのだ。


密かにお慕いしている読友さんが『あるかしら書店』を読了されててとっても嬉しかった。気持ち的には200回ぐらいナイスのお星様押してる。