己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

膿む前に削げばいい

ノー残デーに便乗して今月ではたぶん一番早い時間に退社したんですけど、退社時どころか最寄駅近くのコンビニで買い物すませて外に出るまでずっと空が明るかったです。葉桜もきれいだし、視覚から得られた情報だけで言ったらずいぶん季節をすっ飛ばした感じがある。でも夕方すごい寒かったからそこは混ざらんでええよって直談判したい。風邪ひきやすい時期でもあるから気をつけないとですよ。


今日読了した本。
築山節/脳が冴える15の習慣
こないだの蔵書整理の時に再読して手放すか手許に残すか決めようと思って積んだ本が何冊かあって、月曜の朝に本を忘れた事に気付いてその山から一冊抜いておうち飛び出したんですよね。たまたま手に取ったのがこれっていう偶然がちょっと面白かったです。連想ゲーム出来そうな感じで著書名に脳が入ってる本が続いた。その次にあたるいま読んでるのは別ジャンルの一冊だけどこれならどうせならもうちょい意図的に拘ればよかったね。脳の働きとか凄さに想いを馳せることって底知れなさ的な意味で宇宙のこと考えるのにすごい似てるっていう感覚があって、あまりにも大きすぎる宇宙の神秘とちっぽけな人間のちっぽけな脳のどちらもに同じように深遠さを感じる事実に言いようのない凄さを感じる。お気づきかもしれませんが全然本の感想を書いてないですね。新書だけどカウンセリング的な感じでさらっと読める易しい一冊です。さくさくとゆるゆると。こういうのもたまには良いと思う。


そんな感じかな。
思い出した。明日のためにiPadを充電しとかなければいけないのだった。前回のしまなみテレビの時になんだかんだで今年最初のポルノさんなんだなあってしみじみしつつ好きを自覚しなおすという自分でもよくわからない心の動きを経たことを覚えているけど明日はどうかな。
というかなんとなくまだずっと先みたいなイメージあったけどスガフェスまでわりともうすぐなんですね。今日職場のかたとゴールデンウィークの話してて気付いた。もしかしたら6月にお休みをもらえるかもしれないみたいだから、今年のゴールデンウィークはスガフェス以外はひたすら引きこもりたおすのも悪くないかなって考えてます。積読本をそろそろ消化もしたいし。