読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

アンファンテリブル

読んだ本の話を先に書こう。
鈴木大介/脳が壊れた
ほんとは昨日のお昼休みに読了してたけど感想書く元気がなかったから今日にした。41歳で脳梗塞を発症して、生還を果たすも高次脳機能障害が残ってしまったフリーランス記者の闘病記。医者とか周囲の人々でなく当事者の言葉に触れる機会って貴重かもって思って手に取ったけど、脳梗塞発症に至った原因のくだりは昨日の朝の通勤電車の中で読んだんですわたし。これちょっと紙にでも書いて職場のパソコンとかの目につく場所に貼るようにしようと思った。まず自分を守ること。
川島小鳥/ファーストアルバム
大好きな写真家・川島小鳥さんの新しい写真集!イェーイ!新しいっていっても銀杏BOYZのCDジャケットを飾ってきた写真たちの未公開カットたちらしいから、この10年の集大成な1冊という位置づけみたいなんだけど。何年か前の写真集『明星』の未公開カットもあって、元はと言えばこれがきっかけだったんだなあって数年越しで知ることができたよろこび。空をバックに逆行っぽくなってる黒いワンピースの子の写真の色がとてもとても好き。


朝一で美容院予約してるけどそれでも8時までは眠れるなって思って7時50分にアラームかけといたのに5時半に目が覚めて、寝たかったのに眠れなかったから週明け出社してからどうやって動いたら少しでも片付けられるかを考えてたら唐突に昨日読んだ鈴木大介さんの新書の内容が頭に過って冷静になりました。本当にこういう事が起こるから濫読の引き寄せは侮れない。週末で休日でよかった。
結局7時頃に起き上がって、ふと床の定位置に積んである未読本たちのあたりを見たら積み本の山が思いっきり崩れててその光景がなんか許せずアラーム鳴るまで猛然と掃除してついでにいろいろあれこれ捨ててようやくちょっと心が晴れました。自分で書いといてあれだけどちょっと晴れるってどんな状態だろう。天気予報だと見える範囲だったかの空のうちで雲がある範囲の割合で晴れなのか曇りなのか決まるみたいな事を遠い昔に聞いたような気がするようなしないような。ガセだったらごめんやで。


f:id:k31x31:20170408224023j:image
雨模様の土曜日でしたけどお昼前には止んで、青空は見えないまでもこないだ見ていいなと思った明るめの曇り空だったから真っ白な空と満開の桜の花の組み合わせが相変わらずきれいでした。インスタのタイムライン見たら全然繋がりのないフォロワーさんたちなのに桜と白い空の写真が続いてたのがちょっと面白かった。
f:id:k31x31:20170408224001j:image

f:id:k31x31:20170408224124j:image

桜がたくさん咲いてる大通りがあるから歩きつつ眺めたおしてきました。そこそこ長めの距離をトンネルみたいに覆う光景が直線で奥のほうまで続いてる光景凄まじかった。
身じたくがすんでから美容院へ。ようやく髪を切れる喜びから調子に乗って人生初デジタルパーマかけたらふわっふわのふっかふかになったからこの髪型すじねぎ焼って呼ぼうと思った。伝わりやすく説明するとしたら∠の頃の晴一さんの髪型ほとんどそのままな感じ。結果的に。
そんで眼科行ってコンタクトレンズ買ってジュンク堂寄って帰宅。美容院にいる間に時間がたくさんありそうだからって思って大阪で買ったものから1冊持って行ったけどぜんっぜん集中出来なくて読み進められなくてさすかにちょっと危機感を抱いた。
とりあえず今はひたすら眠いからひたすら眠ろうと思うのです。おやすみなさい。