己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

新品の晴天

昨日ぽちぽちとiPhoneから15thツアーの旅路のための航空券購入の手続きをして無事にスクショ撮って予約に関する番号が書かれたメールも確認したんですけど、これもし万が一iPhoneが壊れたりする事があって確認できなくなったら完全にアウトだなって思ったらちょっと怖くなってきて。スクショ画面の画像を写真屋さんで印刷しとこうかなって考えつつワイドショーの編集してたら池袋に新しく出来た丸善の文具屋さんが出てて、そうだ大事なこと以外にも旅の記録とか一言とかマルチに書き込める薄いノートみたいなの探そう!って思い立ったので今日行ってきました。
f:id:k31x31:20170902230245j:image
(右下に通りすがりのちびっこの手が写り込んでる)
この店頭にどどんと置かれてる車両のオブジェみたいなやつの向かいにベンチが置かれてたからなんとなく座ってみたらちょうど木陰になる良い場所でした。朝は雨だったのにお昼過ぎにはきれいに晴れてくれて、空は青いし雲は白いし陽射し暑いけど吹く風が涼しいからめちゃくちゃ気持ちよかったです。台風もう完全にどっか行ったんかな。空の青色を見て眩しいなって思えるのいいな。この気候ずっと続け。
初めて入った店内はきれいで面白かったです。品揃えはすぐ近くにあるどでかいロフトのほうが断然強いけど、場所が9階だからあそこに行くまでが何気に面倒なんですよね。隣がスタバでさらに隣がジュンク堂池袋本店という立地も強い。次はカフェスペース利用します。
薄いノートは手帳コーナー見てたらぴったりのものを見つけました。スヌーピー柄で9月始まりの必要最小限の薄めの手帳。チケットも挟める縦長手のひらサイズというのも心強いしなによりスヌーピーかわいいとてもかわいい。15thツアーで一緒に旅をしようと思います。
f:id:k31x31:20170902230308j:image
あと丸善行く前にブックカフェの梟書茶房行ってきました。2回目。念願のパンケーキ。
今回は開店直後に行ったから狙ってた窓際の席に座れました。目の前が窓で両隣が本棚だからなのかすごい集中できる。ここはやっぱり開店直後の席を選べるタイミングで行くのがいいかもな〜〜〜って思ったけど夜の混み具合って実際どうなんだろう。確か22時とかまで空いてるはずだけど駅ナカだしお酒も呑めるから想像がつかない。次は仕事終わりに行きます。メニューで見たポテトサラダがおいしそうだったの。
そうだあと丸善の次にジュンク堂池袋本店も行ったんだったルールズが店頭に並んでるところをこの目で見るために。アスマートで2冊注文してるからさすがに購入は思いとどまったけど、手に取ったら絶対欲しくなる!って思ってじっと眺めてみたりちょっと斜めから見て帯の背表紙側こんな感じなんだ!って気付いたりとかしてきました不審者と思われないギリギリの範囲で。早く読みたいです。


今日読んだ本。
寄藤文平・岡本欣也/大人たばこ養成講座3
梟書茶房にて。わたしの場合はブルータスとオズマガジンかな?(巻末の掲載誌一覧じっくり見そびれたから違ってたらごめん)雑誌の広告で目にした事がある緻密な絵柄と奇抜な発想が面白い大人たばこ養成講座。絵柄が細かいからこそ箸休め的にウォーリーを探せ!みたいな楽しみ方の提案も挟んでて和んだ。わたしは煙草はもう吸わないけどそれでも若干うずうずするものがあったからこれ喫煙者の方にはつよい誘惑だろうな。あ、あと定期的に書かれる新成人の回がその年の流行ネタを網羅する感じで2008年〜2011年あたりだったからどれもこれも懐かしかったです。
はるな檸檬/れもん、よむもん!
同じく梟書茶房にて。著者初読み、本の季刊誌に連載されたエッセイ漫画。
本書の中で高校の頃に出会った友人の話が語られるのだけど、本が好きでクールでカッコいいその子に憧れたおしてなんとか仲良くなりたくて勧められる本を読んで感想を語り合って……の流れで影響を受ける事の大きさを書いてて。でもやっぱり類は友を呼ぶってあると思うんだよ。著者はその子に憧れてなんとか近づきたいって行動したのがきっかけで友人になれたって描き方だったけど、そこに至るまでの小・中学生の頃のエピソードだけでも膨大な読書遍歴の凄まじさが伝わってきたもん。それが魅力に気付くためのアンテナたり得たんだろうし、そうやって考えたらなんであっても突き詰めるのって絶対に無駄にならないんだろうな。そう信じたい。