己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

ここは鳴らなかった

今日読了した本。
丹羽宇一郎/死ぬほど読書
この本に限った話じゃないけど幻冬舎新書はほんとにさらさらっと読めますなあ。タイトルや帯に惹かれて手に取る人にとっては経験値込みで当然のことが書いてある一冊なんじゃないかなと思いました。そんで著者が前書きに書いているような、読書の必要性を感じられないなんて主張する人はそもそもこのタイトルや帯では手に取らないんじゃないのかなとも。どっちつかずでなんだか中途半端な内容。
わたしも極力ひとに本をお勧めしないように心がけてます。わたしが勧めた事実がそのまま先入観になってしまうことは避けたい。


いつものことだけど火曜日はとても眠いのでほどほどのそこそこを心がけてます。無理はしない。そんな火曜日が一週間のうちいちばん仕事量多いってのも皮肉な話ではあるんですけど。
それはいいとして朝からなんか不穏な日でした。やだな。でも慣れてしまうのもどうかと思うしそれならいちいちざわざわする方がまだマシかな。わたしはまだ聞いたことないです。