己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

右手で夢を見る

今日読んだ本。
モーム/お菓子とビール
無くても生きていけるけど、あると人生に喜びや彩りをくれるもの。的な意味合いでつけられたのはわかるけど、それに加えてロウジーの存在そのものでもあると思うこのタイトル。無垢な天真爛漫さと酩酊のごとき性的な奔放さ、矛盾めいたそれらがひとつの躰に奇跡のように同居する存在。関係ないけど罵倒のボキャブラリってそれそのまま自分自身が言われたくないものであって自分が言われたらダメージを受けるからこそ攻撃として有効だと無意識に判断するからだって聞いたことがあって、それが通用するのならドMの人はドSにもなれるのではないかなと唐突に思いました。飛躍しすぎかな。
それにしても谷崎の『痴人の愛』を読んだ時にはナオミに腹が立って腹が立って腹が立って腹が(中略)たまらんかったんだけどな〜〜〜。最近小説の中の登場人物の性格やら言動やらに対して腹が立ったりする事があんまりなくなってきたと思う。いま再読したらどう感じるんだろ(するとは言ってない)。


昨日お洗濯しといたタオルケットのおかげで快適な睡眠を堪能できた夜でした。休みの日でもいつも平日のアラーム鳴る何分か前には目が覚めるのに今日はぐっすり寝てたみたいで起きてiPhoneの画面見てちょっとびっくりした。おうち大好きを掲げてのんびりしたので明日からまた張り切っていくのです。来週土曜の音楽の日にポルノさんの出演も決まったことですし!嬉しい!三連休の初日に長時間音楽番組っていいな。残りの二日間の休日をいつも通りの心持ちで過ごせる。
ロッキンのチケットが届いて事前申込のグッズも注文完了して、そわそわと期待が高まっております。総柄の夕焼け空Tシャツもめっちゃきれいで悩んだけど、他のライブでも着て行けそうだなって事でうさぎTシャツにした。黒だし。白とか淡い色も似合う人うらやましい反面、ロッキングッズTシャツの選択肢の多さに関してだけ言えば似合わない色がある事で選択肢狭まって助かったみたいなとこあるのも確か。良さげなやつばっかりなんよほんとに。
そういや昨日書きそびれてたみたいだけど野会も当たったのです。初の野党さんライブだしポルノさんでも岡野さんでもないアーティストさんのワンマンライブ自体が初めてだったりするからとっても楽しみ。夏が熱を帯びていきますなあ。