読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

君のための鳥籠

今日読んだ本と今日読了した本。
最果タヒ/夜空はいつでも最高密度の青色だ
なんか、なんだろう。丸くなったというか、目線が優しくなった気がする。死ねみたいに突き放すような単語がそこそこ出てくるのに不思議な印象。頻度は正直減ったとはいえそれでも不意打ちで鷲掴みにされる言葉に何度も出会える。星座を探すように追いかけたい。
三島由紀夫/鍵のかかる部屋
舐めてた。以前読んだ長編が読みやすくて面白かったから気軽に手を出したらとんでもない濃密な短編集だった。人間の意志に対して戦慄を感じるような体験って現実だと勘弁してほしいからこそ小説で触れておくのが賢明だと思うわけです。三島由紀夫ブラッドベリは長編で読むのがいいかも。文章の美しさひとつとっても、短編で次から次へと切り替わる世界より長編でじっくり頭の先まで浸かってしまうほうが絶対に堪能できる。
真梨幸子/ふたり狂い
Q:なぜ12通りの狂気を透徹した美しい文章で書ききった三島由紀夫のあとにこの本を手に取ったのですか?
A:タイトルと表記のにゃんこ写真のギャップに寒気を覚えたからです。
1話目が面白かったです。以上。


ほんとなら昨日に続いておうち大好きホリデイにしてしまう予定だったけど、午前中に所用で池袋に出た流れで午後はずっとタリーズで過ごしました(だからいろいろたくさん読めた)。行きの電車引くほど混んでたのに帰りはガランガラン。トーキョーは良いお天気で過ごしやすいこどもの日でした。明日に備えて∠パーカーお洗濯したやつもちゃんと乾いてくれたし。そんで明日いったい何時に起きればいいんだ。わりと眠くて頭が回らんのだよ。