己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

友愛と剥落のアリア

f:id:k31x31:20170405232450j:image
水曜日です。
お昼休みに職場近くの公園でお花見してきました。ほんとなら今週末に行こうと思ってたのになんか雨みたいだし、昨日の夜に天気予報見たら今日が気温も高くて晴れるみたいだったから唯一ぐらいのチャンスだろうなと思って。敷きものは持たなかったけどタンブラーでコーヒー持ってチョコレートも持って。おひるやすみおはなみ(語呂が良い)。いちばん見事に咲いてる樹の全体をちょっと遠くから眺められるあたりに座ったんですけど、枝の中でも局所的にたくさん咲いてる箇所があったりとかするのあれ何なんだろう。散った後だとしたらへんな散り方だし。奇形という言葉を思い浮かべたりして、でも葉桜みたいに緑が生い茂る姿に対してはそんな事感じないから自分の中に樹は緑の葉があるのが普通の姿っていう先入観があることを自覚した。なんの話だろう。
f:id:k31x31:20170405232516j:image
f:id:k31x31:20170405232534j:image
ちなみに去年も同じ公園でお昼休みお花見を開催したんよ(参加者:わたし)。
来年もまた見上げるのかな。どうかな。どうだろ。関係ないけどiPhoneのさくらの絵文字こんもりしててかわいいと思う。連打したい。🌸🌸🌸


森博嗣さんのデビュー作『すべてがFになる』発売から今日で21年らしいです。
お金を稼ぐ手段として小説を書いてみた事をあちこちでご本人がさんざん仰ってるから今更「作家としての活動を選んでくださってありがとうございます!」みたいな事は言えないです。でもきっかけはもう思い出せないにしても、他にもたくさん小説家がいる中で森さんの著書を手に取ってみる事を選んだ自分の判断は迷わず誇りたい。これからも新しい作品を楽しみにしています。


プラスなのかマイナスなのか判断がつかないならマイナスに捉えておくほうが安全側だということを忘れていた。経験則だけど。
とても甘えたことを考えていたと思う。わからなくて当然じゃないか。


f:id:k31x31:20170405232428j:image
加工で遊んだらなんか地図みたい。