読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

星影から始まる妄想

2月28日です。
完全数の存在を認識してからは、なるほど28日に生まれた設定を与えられたんだな、と考えるようになりました。小さいものを最初として数えるなら2番目の完全数。1番ではない。だって叶わなかったし敵わなかったのだし。
2番目って解釈のほうが無駄がなくてきれいだと頭では分かってるけど2人って言いたいのが本当のところです。あまりおおっぴらにせずにひそかに抱きしめたい類の宝物です。オムライスが食べたいです。とても眠いです。


昨日読んだ本のおかげで初めて得た知識があって、わりと終盤の核心に触れる内容だから書いてしまうのも躊躇われるのでぼやっとした言い方になっちゃうんですけど、今朝ポルノさんの『AGAIN』聴いてたらそれを唐突に思い出して歌詞世界が更に奥行きを増したような驚きに電車の中で叫び声あげるところでした。あぶなかった。もともと含まれずに託されることもなかったはずの意味を結果的に担ってしまうことの凄さって凄いと思うんよ。妄想とか深読みとも言うけど。


今日読了した本。
梨木香歩/春になったら苺を摘みに
完全に春が来る前に読みたかった一冊。とてもよかった。自分に決定的に欠けているものを直視することになったつらい読書だった。
あとコンビニでさやかちゃん表紙の雑誌見つけて、インタビューの文字に惹かれて買ったけどすごい良かった。周囲をよく見てるし得たものをきちんと糧にしてるのだなと思わされた。すごい。あと写真がとんでもなく可愛い。
f:id:k31x31:20170228235355j:image
ごまとおもちの組み合わせ大正義……美味しすぎてしまった…。