己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

自分以外全部魅力的

土曜日です。
f:id:k31x31:20170225235444j:image
先週のリベンジがてら中目黒にお出かけしてきました。
早々と目が覚めたから洗濯機回してごはん食べて身じたくしておうち出て、ちょうど良いぐらいの時間になるまでタリーズごもりからの電車に揺られて中目黒駅へ。桜が咲く前の中目黒を見ておきたいなあって気持ちがあったのともうひとつ、1回スリランカカレーを食べてみたいなって前々から思ってて、こないだ調べたら中目黒駅の近くに食べられるお店があるって出てきてそれならついでに行こうと思い立ってお店の開店直後ぐらいの時間にカレー屋さんへ。
f:id:k31x31:20170225235507j:image
食べログでは書いてたのに実際行ったらスリランカカレー無かった…(夜だけとかなのかな)。のでチキンカレー。ライスとかナンとか選べて、今回はナンとはまたちょっと違うやわらかいパンみたいな食べ物にしたけど名前忘れた。ランチだけかもしれんけど注文したカレーに日替わりカレーがついてくるみたいで今日はかぼちゃカレーとのこと。母が苦手だったのもあってカレーにじゃがいもが入らない家庭で育ったので、おいも的な具材をカレーに入れるなんて邪道だとずーーーーっと思って主張してきたけどすいませんでしたこの場を借りてお詫び申し上げます。かぼちゃカレーおいしいじゃないか。かぼちゃの大きさが絶妙で、中までほこほこ食感を損なわないまま口にちょうど入る程度に大きめサイズだったのもよかった。普段カレー自分で作る時もあんまり辛めにはしないからチキンカレーの辛さがなかなか刺激的だった事もあってかぼちゃカレーの優しさうれしかったな。デザートのプリンみたいなものも面白い味で楽しかったからまた行こうと思う。わたし一番乗りだったのに注文してから出てくるまでえらい時間かかったけど、次に来てライスで注文したお客さんがすぐ出て来てたからそっかなるほどライスだと時間かかんないんだ!っていう考えてみたらごくごく当たり前のことにも気付いた。次はライスにしよ。
おなかいっぱいになったところで目黒川沿いをさらっとお散歩。葉をすべて落とした枝越しに見上げる空が好きでそれを堪能したかったのだけど、やっぱりちょっと遅かったみたいでところどころ蕾めいた膨らみが見られる枝ばかりになってたから次の冬の目標がひとつ出来たと思うことにする。全部咲いたら凄いんだろうな。
そんで久々にトイカメラのワイドアンドスリムを連れて歩きました。トイカメラに限らずデジカメでも写真を撮るためのiPhoneでも同じで、カメラ持って歩いてる時の目に映るなにもかもに興味が湧いたり眩しく思ったり魅かれる感じがすごい好きです。高架下で見かけた電車が通過する度に消えたり現れたりする細い光がすごいきれいでどきどきしたんだけどさすがに動画は貼れんよね。無念。
ひととおり歩きたおしたところで高架下の蔦屋書店ふらふらしようとしたけど早起きのせいか猛烈な眠気に襲われたからそのまま池袋まで戻って、ビッグカメラの写真専門店みたいなところ行ってプリント依頼して待つ間にジュンク堂まで歩いてちょこちょこ買って戻って写真受け取っておうち帰りました。中目黒って大通りや駅前はさすがに混雑してるものの細い路地みたいなとこに入ると全然人がいないの良かったなあって池袋の街を歩いてる時にすごい実感した。桜が咲いたらまた行きたいんだけどその認識覆るかな。どうかな。そんでわたしはいつちゃんとしたスリランカカレーが食べられるのかな。ちょっともっかい調べなおそう…。


今日読了した本。
夏目漱石/教科書で読む名作 夢十夜文鳥ほか
ちくま文庫版です。好きな読友さんが以前推してた『硝子戸の中』が収録されてたから手に取ったけどすんごい良かった。亡くなられる1年前に書かれた随筆。最後に読んだ漱石が『草枕』だったからというのも大きいだろうけどめちゃくちゃ読みやすかった。そんで全然関係ないけど、夏目漱石は新聞連載に『硝子戸の中』とタイトルをつけ新藤晴一は音楽雑誌連載に『自宅にて』とタイトルをつけたーー的なナレーション思いついてなんとなくにやけそうになるの我慢した。なんとなく。


全然眠くないけど日付が変わりそうだからそろそろ切り上げないといけない。
ひとまずおやすみなさい。よい夢を。