己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

違う道を歩くような

木曜日です。
少し先の未来の自分について与えられた新しい選択肢のことを考えながらふわふわ歩いておうち帰ってきたら会報が届いてました。ポストの中にあるオレンジ封筒を目にした瞬間嬉しくなって、なんだか背中押してもらったみたいなタイミングだなあと思ってしまった。いろいろな偶然のなかから劇的なものや必要なものだけ選り分けたものをあとで振り返って運命とかって呼んだり出来るらしい。知らんけど。
咳は相変わらずだけど声は昨日よりだいぶ出るようになりました。使わなかったらそのぶんだけ怠けることを覚えるとかそういう事なのかなやっぱり。使わなかったら、で思い出したけど昨日4日ぶりにイヤホンで音楽聴いたらいつもの音量でいつもの通勤路なのにいつもより大きくはっきり歌が聴こえたような気がしたからこっちは時々は休ませてあげたほうが良いのかなあとも思ったんだった(イヤホンじゃなくて耳のほうです)。長年の付き合いなだけあって自分の身体なり気分なりを乗りこなすテクニックはだいぶ身についてきたけど、こういう完全に習慣づいてる事は意識して離れてみないとなかなか気付けんよね。
よっしゃよっしゃ書けた。さあ会報読むぞ。おやすみなさいまた明日。