己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

浮き立つと浮き足立つ

水曜日です。
うちの職場は毎週水曜がノー残デーだけど、月の最終週だけは例外なのでいつも通りに仕事こなしていつも通りの退社でした。いやいつも通りとか言うもんじゃないかもしれない言霊的な意味で。いつだってはよ帰りたいんよほんまは。
けど今日はこのひと月ほどずーーーっと心に引っかかりっぱなしだったことがようやく解決したからすんごい晴れ晴れしい気持ちでいる。外面に変化はないかもしれないけど心は軽やか。わはは。明日も頑張ろ。若干喉が痛くなってきたのと咳が出始めた感あるのはとりあえず眠って撃退させたい所存。
でも仕事のことで軽やかな気分なのとは別のとこで、何気なくひらいて見てみた事きっかけでとんでもない事実を知ってしまって頭抱えてる自分もいる。なんでなのかってそれはもう全部の元凶は完全に自分の迂闊さのせいなんだけど…。疎ましさに対する粘着質な印象の連想で重油みたいなべたべたが真っ先に思い浮かぶのはたぶんスカイ・クロラシリーズの影響だと思えるしそれはとても嬉しい事ではあるけど、それはそれとしてどうしたもんかな。疑い始めたらキリがないわけで、それならもう徹底的に遮断するしかないのか。えこひいき大好き人間ではあるけどでもなんか、なんか。つまんないね。