己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

逃げ水

火曜日です。
思い出す光景は実家、ではないな。高知の最初に住んだ家の台所です。家の中でも南東の位置にあって東側と南側が大きな窓だったから朝はすごく明るい部屋だった。確かあの日の朝も晴れてたはずなのだけど、しかしながら普段から光に満ちてた明るさのイメージが強いから記憶が上書きされてる気がしなくもない。
そんな中でもめざましテレビ放送してたのはなんとなく覚えてて、動画でなく写真みたいにその瞬間を切り取った静止画として思い出になってます。もう私の頭の中にしか無い光景と二度と座ることの無い椅子。そんな印象。


相変わらず油断したらえずきかねない感じで目が回るあわただしさの中にいますけど、でも少し楽になる目処が立ってきたみたいではやいとこ実現してほしいです。期待させられたぶんは取り返したいけど現状が最底辺だから奪われるものがないってのは気楽なもんやで。
誰よりも大変なのにいつも穏やかに周りを気にかけている人を尊敬している。明日やらねばならぬことを考えて組み立てる。万全と躊躇の間で揺れてるのはうまく掴めないことが悔しいからです(手を伸ばすのは正直怖い)。そして歯車が噛み合う時の音はとても小さいから耳をそばだてておかないといけないのだ。自戒自戒。
現実逃避かもしれないけどうまく福井へ行って帰ってくるための計画を立てようと思って電車の乗り換えアプリであーでもないこーでもないっていろいろ試してます。せっかくなら北陸新幹線に乗ってみたいけどそれだと金沢駅経由になってしまって金沢はポルノさんのライブで初上陸したいという野望が……いやでも新幹線の次がJRみたいだから改札出なくて良さそうなら初上陸としてはノーカウントなのでは……いやいやでもやっぱり…………とかなんとかいろいろ。はよう決めれって一喝していいですよ。