己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

はじめましてのご挨拶

昨日で山本彩さんの2ndツアーが無事にオーラスを迎えたとのことで!完走お疲れ様でした!
レポ読んでるだけでもなんかもう万感の思いって感じのさやかちゃんが満載でこっちまでうるうるしてくる。東京公演が1月に映像化って事も決まってるのでもう今からワクワクしかないですね。発売まではidentityの曲たちを聴きながら思い出を手繰り寄せる事にします。 何度でも戻れるのが音楽の強さでライブの醍醐味。JOKERのイントロの高揚感が宝物です。
そんで余韻ひたひたのままですが今日はポルノさんの15thツアー参戦のために北海道へ行くのです。いま羽田空港へ向かってるとこで、普段なら携えてきた本を読むところだけどキャリー支えてるせいで手が塞がってるから暇を持て余してこれ書いてます。おうち出るタイミングで再生を始めたidentityのアルバムももう聴き終わって今は無音のままのイヤホン。乗換駅まで暇だよう。北海道も初めてだし、なんなら飛行機で成田空港より北側の空を行くのも今日が初めて。どんくらい寒いのかなあわくわくするなあ。ワンマン参戦前特有の現象としてポルノさんの歌が聴けない状況に陥ってるから米津玄師さんのアリス(正しい表記書けない)を聴いてる。曲も声も良いけど歌詞がもうめちゃくちゃ好きで、中でも大サビの「側には群がる人と 目を見張るドローン」から「何の話をしていたっけ」に続く言葉のセンスに惹かれまくって聴く度に滾るやつです。名曲。2017年の名曲ベスト3(順不同)はこの歌と山本彩の喝采とポルノさんの夜間飛行。異論は認める。
もうすぐ新橋だ。駅前の広場見えるかな。
のちほどまた更新します。


---------
f:id:k31x31:20171123142642j:image
これまで結構飛行機乗ってきたけどその中でもいちばん揺れた…………怖かった…。
でも空は本当に綺麗だった。羽田空港離陸直後の雲の上に出たところ。
f:id:k31x31:20171123142722j:image
雨上がりの滑走路もフォトジェニックでテンション上がりました。
またのちほど。

 

---------

f:id:k31x31:20171123161921j:image

たんちょう推しの街みたい。

 

---------
f:id:k31x31:20171123171048j:image
静かすぎてほんとにここで合ってるのかなってバス降りた瞬間不安になったからこそ中にツアータオル持ってる人がいて心から安堵した奴です。
北海道は車窓から眺める景色はわりと地元を思い出すスケール感(車移動が基本な感じ)なんですけど、木々が白樺っぽい見た目(適当に言ってる)でこれは本州では見れない光景だなあやっぱり北の大地なんだなあってちょっと圧倒されてます。知らない街を歩くの楽しい。
終演後はいらんこと書きそうだから今のうちに更新。いってきます!

 

傷付いてばかりいる右手の小指

昨日がウルトラスーパーハードモードだとしたら今日は超絶ミラクルウルトラハイパースーパースペシャルハードモードな日でした。くたびれたおしたし消耗し尽くした。今年の4月以来じゃないのかなって勢いの残業でも結局全部終わらなかったから来週の火曜に本気出すつもりでいる。今はひたすら眠い。面白いことなんにも書けん勢いで眠い。
荷づくりは半分ぐらい終わりました。残りはもう明日の朝でいいという事にする。無事に着けますように。おやすみ。

セルフ頭なでなで

ウルトラスーパーハードモードな火曜日が終わったぞーーー!!!!!!!やったーーーー!!!!!!!積み重なってるやるべき事をひとつ片付けたら新たにやる事がふたつ増えるみたいなペースで仕事が増えてくおかげでちゃぶ台ひっくり返したくなる日だったけど、帰る5分前にはほぼほぼ片付いてくれたので慌ただしかった反動のように爽快感と達成感に胸が満ち満ちた状態で退社できたのじんわりと良かったです。駅まで歩く時に空気が清々しく感じた。そんで今ものすごい眠くてこれたぶん俗に言う電池切れというやつです。めっちゃ眠い。明後日の荷づくり進めようかと思ってたのに洗濯機回してる間にうっかり低レベルクリア動画観てしまったバカタレはわたしです。明日本気出す(フラグ)。おやすみ。

折れてしまったのかと思った

月曜日です。
同僚さんと交代でお休みとる事になったので、今日から3日間ハードモードな出勤になるのが分かってたのでめっちゃそわそわしながら出社したんですけどふたを開けてみたらそんなでもなくて若干拍子抜け感のある夜です。ひとまず1日目がそつなく終わってくれて嬉しい。嵐の前の静けさって言葉もあるけども。いや不吉なこと言わんとこ。明日は火曜日だし。
それにしても朝が寒いね。耐えられなかったので去年の真冬に着てたコート解禁してなんとかやり過ごしましたけどこれ今よりさらに寒くなったらどうすんの。というか今週末の北海道でどうすんのわたし無事に帰ってこれるの。こないだぱらっと読んだ観光ガイドブックでは建物内はむしろ暖かいから温度調節できるような服装が良いですって書いてたけど少しでも荷物減らす事に全力を尽くそうとするのがもはや努力の方向性間違ってますよって話なのか。これ本気で現地調達を視野に入れるべきかも。
昨日の山本彩さんのライブ映像がちょっとだけYouTubeにあがってたのを観て、すぐに観れたの嬉しいけどでも、あの場で生で聴くのでなく切り取られた映像として観る事でどうしても切り捨てられてしまうものがあるんだなってひしひしと感じました。熱のようなものとか。届くものとか。言葉にしがたいもの。ライブの掛け替えのない価値。次のツアーもほんとに絶対行きたいなあ。ひとまず残りの大阪公演の大成功を願う次第。

天使降臨

f:id:k31x31:20171119233229j:image
山本彩さんのホールツアー『identity』東京公演に参戦してきました。
もう本当にかわいかった存在がかわいかった。そしてただかわいいだけにとどまらず、身長155cmだっけ?あの華奢な身体でステージや客席との距離を感じさせないパワフルなパフォーマンスを見せつける様をただただカッコいいとも思う次第です。なんだあの声量…。1公演しか応募しなかった事を正直反省しています。収録も入ってたし今回の公演が円盤化される事の発表が本人の口からもあったのでそれはもう何としてでも絶対に買おうと思ってる。
ポルノさん以外のアーティストのワンマンライブにマトモに参戦した事がないので(最近は1度だけ野党さん行ったぐらいか)、現場が変わればルールも変わるんだなあって事がなんだか新鮮です。曲の話をしたいけどまだ大阪公演が残ってるからひとまず自重。他にもまだまだ言いたい事あるけど時間が時間なのでまた後日。今夜はもうしあわせな気持ちでおやすみなさいをする。
f:id:k31x31:20171119233212j:image
今日来たおかげで場所覚えたからもう迷わないぞ。また再来月に来るからね。

優しいおうちと感動クラッシャー

今日読んだ本。
ルピ・クーア/ミルクとはちみつ
詩集の感想を書くのってふつうの書籍以上に自分を曝け出す感があってそわそわします。でもそこでへんにブレーキかけたりせずに突き抜けた言葉を残すことが出来たら、あとで読み返した時に当時の自分よくこんなん書けたなって感嘆するかしぬほど恥ずかしくなるかのどちらかを味わえる(なにその究極の二択)。最小限の言葉でこれだけ刺さるフレーズを紡げる詩人の才能と訳者の功績のどちらもに惚れ惚れする読書ですね。楽しいです。頁を折ったのは6箇所。


土曜日なのに雨だね、です。おまけに寒い。
やっときたい事をこなしてからはひたすらのんびり過ごした休日でした。寒気と頭がぼーっとする感じはいまだにあるけど喉の痛みはいつの間にやらなくなってて、やっぱり人混みがよろしくないんだなって確信した次第。明日マスク持って行ったほうがいいのかなあ悩むなあ。方向音痴なりに会場までの道のりも予習しておかなければ。
FF9の低レベルクリア動画をちょっとずつ観てていまディスク3の冒頭あたりまで進んだんですけど、自分がプレイする時には時間をかけてレベル上げて選抜メンバーの能力の底上げに励んだうえでストーリーを進める事を疑いもしないで遊んできたから、ちゃんと初期ステータスのままでも進められる仕様になってるんだなって思い知らされるのがめちゃくちゃ新鮮で面白いです。いやもちろんそのためにはものすごい根気と策略と運の強さが必要になってくるんだけども。戦闘開始と同時に全体攻撃喰らって即全滅、みたいな流れやら拍手喝采モノの神回避やらも何度もあったしやっぱりとにかくは運の強さだよなあ…。あとアルティマニア。すごい。そんで途中で観た総集編の動画に笑いすぎて涙出てきたのが今日のハイライトです。今年一番面白かった事がこの動画になりそうな予感がビシバシと。

"Sauve qui peut"

今日読了した本。
内田樹/街場のメディア論
クレーマーとしての謝罪を要求する姿勢に対する言いようのない気持ち悪さはずっと感じてきたけど、その「言いようのない」の部分の言語化をすごく助けてくれた本。"自分の無知と無能、言い換えれば、市民的未成熟を公表することによって物質的・倫理的優位性を得ることができる"、その公表が自分自身を貶める行為である事に気付いていないか、あるいは気付きながらも何も感じる事のない精神に対する嫌悪感なのかなと。引用の部分の無知はともかく無能ってすごいキツい言い方だけど、新書にまとめるにあたって元になってるのは大学生向けの講義だからそれもまた話を聞いてもらうためのひとつの手段だったのかなとも思える(このあたりは前書きでも触れられてる)。
そういうクレーマーの増加に加担したメディアの論調の罪深さとそうならざるを得ない事情以外にも、世論の無難さとウェブ上での匿名の発言の攻撃性という対照的なその二つがどれほど発言者を傷つけるのかというロジカルな説明に、電子書籍著作権に関する著者の見解を広く浅く語るところまで。3度目の再読でもいまだにこんだけヒリヒリするのか!って驚かされるぐらい刺激的かつ頷かされる内容ばかりでめちゃくちゃ面白い一冊なのです(具体例として紹介されるクレーマーの傍若無人っぷりにムカムカするかもしれないけど)。もちろん書かれてる全てに同意できるわけではないけど、その同意できないくだり程度で損なわれるような脆い内容じゃない。新書である以上はやっぱりこうあるべきだと思う、強靭な結晶とでも呼ぶべき本。たぶんまた時間置いて何度でも読みます。


昨日の朝の影響としか思えない流れで完全に体調不良まっただ中です。喉が痛いのと頭が痛いのと全身の浮遊感。かわいいあの子のライブ初参戦が明後日に控えてるので明日のうちに本気で全力でなんとかしないといけないなと思ってます。トーキョーは雨みたいだしゆっくりしなさいって事だと受け取ろう。たっぷり眠ってしっかり治すぞ。