読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己から聞こえる声

好きなものも出来ることも多くないです。

華美よりも洗練

懸念のすがたしてるから思わず構えたけど心配しなくてよかった。
削いで磨いて近付くのが夢。
まだまだ途方もなく遠いけど。


f:id:k31x31:20170327225614j:image
ふと思いついて朝いつもより5分早くおうち出てコンビニ寄ってスポーツ新聞確認して近年稀に見る高揚感を得たのが今日の暫定ハイライトです。暫定なのはほら今日カフェイレの日だし。
残業からの買い物して帰ったりとかしてたからなのか思ったより時間がなくて録画しといたワイドショーたちを確認するところまでたどり着けませんでした。いつ観れるかな。
なんにせよポルノさん台湾ワンマン大成功おめでとうございます!わーい!めでたい!!!ライブ以外の機会でふわっと台湾に行きたいとここでも以前書いたと思うけど撤回します。最初の一歩はやっぱりポルノさんきっかけがいい。次こそは絶対に。


明日出勤したくないな。
泣かないように頑張りたい気持ちではいる。一応。

あの日書き音、地位知る反動。

彼の人青き、智は知る引導。
可否のあと起き、どう散る背信。
(だんだん苦しくなってきたぞ)


今年度最後の日曜日です。
朝起きて最初に雨音を認識して、台湾の雨雲がこっち来たのかなあって唐突にあり得ないこと考えたのをぼんやり覚えてる。そんなはずない台湾も今日雨だと聞いた。しかし寒かったね今日。咲き始めてる桜が凍えないか心配になるレベル。
いま感じてる一番素直な気持ちがすごいデジャブ感ある事をそろそろ認めないといけない。わたしこれ知ってるこの前向きめいたネガティブ。ぜんぜん成長してないとも言う。大丈夫。篝にしてやる。


今日読んだ本。
ロバート・ジェームズ・ウォラーマディソン郡の橋 終楽章
去年読書メーターに初読で読了登録した本の中から20冊を選んだ時、個人的な1位に決めたのが『マディソン郡の橋』でした。あちらで語られなかった事を語る一冊という事で、単純に心底好きだと思った作品だから二人の背景(実話なので)の奥行きを補完したい気持ちと蛇足めいたエピソードだったらどうしようっていう不安のせめぎ合いでけっこう長いこと積んでた実は。読めてよかったけど上澄みだけでいいならあちらで良いかな。
運命という言葉を貰ったことをそのタイミングごとまるまる大切にしていて、それが核としてあるからこそ自分にとって必要だから起こるし出会うし必要ならいつか必ず出逢えるというのは私の中では絶対的な真理なんです。でもいくつも抱えたまま歩くには一生涯は短すぎるよね正直。

出来ることなら自分の狡さを直視せずにいられますように

f:id:k31x31:20170325225543j:image
このアポロチョコ、昨日コンビニで見かけて気になって買っておやつの時間に何気なく食べてみたら1個目はパチパチ食感が面白くてこれはいいなあって思ったのに2個目を口に入れて噛んだ瞬間に内線がかかってきて喉のあたりで盛大にパチパチパチパチ大暴れするパチパチキャンディに負けずに喋らないといけないという瞬間的な格闘を繰り広げる羽目になってしまって仕事中に食べるのはやめようって心に決めたのでした。お昼休みもしくは電話(仕事用外線)対応不要時もしくはおうち大好き人間の休日に良いかもしれません。本日のわたしは3番目です。チョコなのにパチパチ。楽しい。
たくさん飲んでたくさん食べた昨日の夜からの今日だったので調整の休日でした。暴飲暴食の自覚がある翌日はだいたいちゃんと胃を空っぽにしてあげると身体が元どおりになる事を最近ようやく覚えた。


昨日読了してたけど挙げ忘れてた本。
森博嗣ウェブ日記レプリカの使途
ちょっと待ってわたしこれ今タイトルフリック入力して初めて気付いたずっと『使徒』だと思い込んでた。そっちか…!そしたら元ネタの『幻惑の死と使途』も当然使徒じゃなくて使途なわけでタイトルの解釈(複数ありますね)も全然変わってくるじゃないか。何この今明かされる衝撃の事実的な驚き。びっくりしたわい。
本作は2000年の1年間にわたって書かれた森さんの日記です。1日にひと月のペースで読み進めててだいたい出勤時の電車内で月初の10日間を読み終えてその続きから月末までを昼休みに読むっていう流れで読み進めてきたけど、こないだの3連休の2日間にじっくり本を読む時間を作ってからの翌日の出勤時の電車では一気に15日目まで読み進むことが出来たのがちょっと面白いなと思った。文章を読むのって慣れなのかなやっぱ。


今日読んだ本。
麻宮ゆり子/敬語で旅する四人の男
斎木さんのために読了登録したようなもの。『詩羽のいる街』よりも早く手に取ってればまた違った感想を持ったかもしれないけどこればっかりはしかたないね。巡り合わせだし。
今日読了した本。
川原泉川原泉の本棚 ーおすすめ本アンソロジー&ブックガイドー
どうもアンソロジーの表記を見落としてたみたい。エッセイを通して川原さんの言葉に浸ろうと思ったらまさかのおすすめ作品として挙げられてる短編や抜粋部分を全文そのまま掲載してて川原さん本人のコメントはちょっぴりっていう。(寄生虫だけは途中まで読んでごめんなさいしたけど)全部未読の作品だったから面白さもひとしお。人生で1度くらいはヘリコプター乗ってみたいんだけどあんな状況で操縦しないといけないことになったりしませんよーに。


とても眠気に負けそうだけどもせっかくなら台湾ワンマン参戦された人の感想を待ってから寝たい。眠い。

ドアを閉じる

ヨッパライフライデーです。
送別会なくなったから早めに帰ろうかと思ってたら別のメンバの送別会に誘われたから年度末をひしひし実感しつつ仕事終わりに行ってきて明日休みだから自重も遠慮もなくカシスオレンジ飲みたおしてきて若干のふわふわテンションに身を委ねつつ眠気に負けそうになりつつ帰宅したところです楽しかったしおいしかったよかったよかった。ただいまわが家!おかえりわたし!
ツイッターひらいたらポルノさんのサポメンさんやらフォロワーさんやら続々と台湾へ向かってらっしゃるようでこっちまで浮かれ気分伝染しそう。黒井はレポ待ちインジャパン。わはは。よく眠れそうだけどもお風呂入りたい今晩めっちゃ寒い風が冷たい。
f:id:k31x31:20170324235852j:image
行った居酒屋の壁に描いてたぶたさんかわいかったぁ。いらっしゃませぇ。

往生際の悪さを発揮している

ヨッパライウェンズデーです。
完全に今週の金曜日だと思い込んでた同僚さんの送別会が今日だった事をお昼に思い出しておおわらわの午後でした。楽しかったけど明日が休日じゃないからややこしいカクテル2杯だけにとどめたせいで飲み足りない感すごい。でもたくさんお話できたし振り返ったら面白かったしやっぱり楽しかった。また明日〜のあとにまた10時間後に〜〜って添えて解散したけどそれ言える機会も本当に残り僅かになってきたことを思うとしんみりしてしまう。大事に言おう。
全然関係ないけどでもまあ一応完全に失念してた繋がりということで、前に読んだサーバーの短編集に「すっぺらぽんと忘れちまう」って文章があってこれ原著だとどういう文章だったんだろうって気になったことを唐突に思い出した。すっぺらぽんって言ってて気持ちいいからちょっと印象深い。とてもどうでもいい話。おやすみなさい。

「そっかそっかふーん」

連休明けの火曜日です。
久々の雨。傘を買いました。コンビニのビニール傘はファミマのものが透明度高くて良いのです。
今日が無事に終わったという事で、気付けば今月の出社日があともう7日という事になってて若干焦る。来年度まであと7日。7日かあ…。終わらなければいいのになと漠然と思ってることに変わりはないけど、そういうわけにはいかないのだよっていう諦めがじわじわ侵食してきてるのも確か。
なんだかんだで食べる機会を逃してたうまい棒のシュガーラスク味をおやつに食べました。甘さとスナック菓子特有の塩気のどちらもを堪能できる面白い味。でもわたしの1位はコンポタで揺らいでないです。書いてたら思い出して食べたくなってきた。
エッセイやドキュメンタリーならともかく、小説の感想で「作者の主張が透けて見える」という論点で苦言を呈するものを見かけると、いやそれ作者の主張じゃなくて登場人物の意見ですけどって反論したくなる。しないけど。自分の主張や思想とは相容れない考えだったとしても書ききって作品へと昇華出来る事こそが作者の力量なんじゃないのかな。極論かな。それともその境地まで至ってないっていう力不足さを突いてるのかな。いずれにせよ作者自身が公言したわけでもない憶測の範囲でそういう事言ってるの見ると何と言うか、大変だなあと思う次第。
f:id:k31x31:20170321231159j:image
つまんない話をしたからかわいい画像貼っとこ。こないだの劇団イヌカレーの原画展で見たドレンレン・ロドノフ。かわいい。